東北関東大震災
2011年03月20日 (日) | 編集 |
地震から一週間が過ぎました。毎日ニュースを見ていると胸が痛みます。民放は徐々に一般の番組体制に移行してきているのは仕方ないと思いますがNHKだけは当面被災地情報を提供し続けてほしいと思います。このような時こそ料金を徴収している公共放送の役目と改めて感じます。自分に直ぐできた行動は募金でしたが、会社でできることとしては現在SSの照明を落とし節電に協力している程度で他に何ができるのか悩むところです。とにかく被災地現状のニュースを見るたびに自分の歯痒さを感じます。ただ今回の経験は我々一人ひとりが将来起こりうる東海地震対策の糧とせねばならないことは一つ言えますね。
今は被災地での未だに見つからない行方不明者の発見や被災地生活からの早い復興を祈るばかりです。
スポンサーサイト
テーマ:つぶやき
ジャンル:日記