東海地震について考える
2012年02月21日 (火) | 編集 |
静岡石油の今後30年間を考えると、多分経験するであろう東海地震への対策は喫緊の課題です。防災と減災の両面での対策を第一弾としてこの夏までに作り上げようと考えています。当社の商品と社員のもつ技術は地域のライフライン復旧に物凄く活躍するはずですから、早い事業再開こそ重要なポイントですね。BCPの作成を急ぎます
スポンサーサイト