2014年08月24日 (日) | 編集 |
日々現場では色々なことが起こります。中でも厄介なのがクレーマーです。一般的に「クレームは宝の山」と言われる方がいて、これをコンサル行としている方まで見受けられます。しかし私にとっては征服すべき「魔の山」です。確かに当方に何らかの原因はあるにせよ所謂クレーマーから学ぶことがあるとするならそれは彼らの巧妙なやり口の数々であり、それを一つ一つ明るみに出して対策していくしかありません。これまで社員では対応できない何件もの事例がありますが、無事に乗り越えたときいつも胸をなでおろす今日ですね
スポンサーサイト